東京都江東区亀戸で創業35年!地元密着のリフォーム会社!フルリフォーム、キッチン、トイレ、水廻り等を低価格パック制でご提供!(江東区・墨田区・江戸川区・中央区・葛飾区)

お問い合わせ・お見積もりは無料

制度を利用して賢くリフォーム

リフォームと消費税増税

2019年10月1日から消費税が10%へと引き上げされる予定です。

8%から10%の差は、たった2%。

小さな買い物なら少し金額が上がるだけなのですが、
大きな買い物となると、たった2%が大きな金額になってしまいます。

 

原則、10月1日からは10%の消費税を納めることになります。

100万円のリフォームなら、108万円→110万円(2万円の差!)

500万円のリフォームなら、540万円→550万円(10万円の差!)

 

リフォームは、契約から工事完了まで日数がかかります。

税率8%を適応するためには、どうしたらいいのでしょう?

契約が10月1日より前であればいいのか?

支払いが10月1日以前であればいいのか?

いえいえ、どちらも間違いです。

 

正解は、引渡し日が9月30日以前であれば消費税8%が適応されます。

 

 

消費税増税時のルール

先程、9月30日までに引渡しが完了すれば、税率8%が適応されるとお伝えしました。

が!実は、契約から納期(工事完了)まで時間を要するリフォームは、特別な経過借置がとられています。(図1)

 

「リフォームをする予定だが、いろいろな都合で工事完了が10月1日以降になってしまう!」という方は必見です!

図1.消費税増税における経過措置と日程

【消費税の原則】
引渡し時の消費税率で計算。

【経過措置】
法の定める「指定日」の前日までに契約した請負工事では、消費税増税後の引渡しでも消費税は8%が適応される。

※この場合、法の定める指定日とは、2019年3月31日

 

 

 

3つのキーワード

リフォームは安くても数十万以上かかることが多く
数百万~1000万円も珍しくありません。

たとえばリフォームが1000万円かかるとしましょう。

「10月1日に引渡しすると税率10%で100万円の消費税」
「9月30日に引渡しすると税率8%で80万円の消費税」

差額は20万円!!

額が大きい買い物なので、賢くお得にしたいですよね。

では、どうしたらいいのか
3つのキーワードを覚えておきましょう。

=3つのキーワード=
①引渡し日、②契約日、③2019年3月30日

①消費税は原則引渡し日の税率が適応されます。

9月30日の引渡しだと消費税8%となります。

10月1日に引渡しになると、消費税10%になります。

 

 

契約日に注目です。

政府から経過措置がとられています。
これは「2019年3月31日までに工事請負契約が完了していれば、引渡しが10月1日以降であっても消費税率8%を適応させる」というもの。

つまり、契約日が重要!

契約日で税率が決まります。

また、リフォーム契約に至るまでには、
業者選びやプランつくり、見積を比べるなどなど様々な作業が必要になるので
素早く行動することをお勧めします。

お問合せから完成までのフロー

 

2019年3月31

この期日を覚えて置きましょう。

3月31日前に工事請負契約を完了していれば、引渡しが10月1日を超えても消費税率は8%です。

4月1日以降の契約の場合、

引渡しが9月30日までに完了すると消費税率8%が適応、

引渡しが10月1日を超えてしまったら、消費税率は10%が適応されます。

 

結論

明確にリフォームの予定があるのであれば、考え方は2つです。

①3月31日までに契約を完了させる

この日までに契約完了していれば、適応税率は8%です。引渡し日を気にすることはありません。

万が一、工期が延びたとしても、焦る事もありません。

 

②9月30日までに完工し、引渡しを完了させる。

但し、大きなリフォームの場合は、工期に数カ月かかることがあります。日程に注意しましょう。

 

※増税対策でリフォームする人が多くなることが予想されます。
たとえ数日で終わる内容であっても、日程調整待ちやキャンセル待ちとなる可能性があります。

※また、工事が遅れて納期が遅れるということは珍しくありません。
9月30日までに工事完了のはずが、実際は10月になってしまった場合、
契約日によって税率が8%か10%のどちらかになってしまいます。

 

早めに行動されると安心です。

 

リフォームを検討中の方は、

お早めにエムビーホームにお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせは年中無休、メールはさらに24時間お受けしております